女性ホルモン摂取の副作用【女性ホルモンを摂取する】

食べ物からの摂取では、過剰摂取になっても
副作用はないと言われてますが、


女性ホルモン剤やサプリメントの過剰摂取には、
副作用がある場合があります。




性同一性障害で治療を希望をする男性が
女性ホルモンを服用すると


胸が大きくなる事が知られています。

その為、女性であっても同様な事が起こると考えるのは当然でしょう。







しかし、この時に男性が服用する女性ホルモンの量を服用すると、


女性には激しい嘔吐や不正出血などの
副作用が現れると言われています。








女性ホルモン注射にも副作用が伴うようです。






肝機能障害や吐き気やめまい、
発ガンの恐れもあると言われています。




いずれも、担当医とよく相談する事が大事ですね。







食事に気を付けることなくバストアップもダイエットも同時に出来るトレーニング
⇒ 前島式バストアップダイエット

芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来る
⇒ バストアップ豊胸法『B-UPガールズ』




posted by ookikushitai at 10:00 | Comment(0) | 女性ホルモンを摂取する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性ホルモンを摂取する際の注意点【女性ホルモンを摂取する】

食品からでもサプリメントからでも、

とにかく大量に摂ればいいというものではありません。




食品安全委員会による
「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の
安全性評価の基本的な考え方」では、
大豆イソフラボンアグリコン換算した
安全な一日の上乗せ摂取量の上限値を
30mgとしているようです。

イソフラボンは弱い働きをするホルモンなので、

副作用などはないと言われていますが、
摂り過ぎていいという事はありません。




食品からなら食品から、
サプリメントからならサプリメントからと決めて

摂り過ぎないように気をつけましょう。




女性ホルモンはもともと女性が持っているホルモンですから、

無理矢理に摂取しようというより、
自分のホルモンを活かすことのできるサポートとして

考えていくのがいいかもしれません。




食事に気を付けることなくバストアップもダイエットも同時に出来るトレーニング
⇒ 前島式バストアップダイエット

芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来る
⇒ バストアップ豊胸法『B-UPガールズ』



posted by ookikushitai at 15:00 | Comment(0) | 女性ホルモンを摂取する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

摂取する女性ホルモンの選び方【女性ホルモンを摂取する】

女性ホルモンの摂取は様々な方法がありますが、

安全なのは食品からの摂取ですよね。




では、どの様な食品がいいのか?という事になりますよね。



食品の中でも、女性ホルモンに似た働きをすることのできる、

大豆イソフラボンが多く含まれたものがいいでしょう。




食品からの摂取が難しいという方は、

サプリメントから摂取するといいですね。



たくさんの種類がありますので、

成分をきちんと確認する必要はあります。



サプリについてはまた後日詳しくお話したいと思います。




自分に合った摂取方法を考えて選ぶようにしましょう。





食事に気を付けることなくバストアップもダイエットも同時に出来るトレーニング
⇒ 前島式バストアップダイエット

芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来る
⇒ バストアップ豊胸法『B-UPガールズ』



posted by ookikushitai at 15:00 | Comment(0) | 女性ホルモンを摂取する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


banner2_33342.gif


10000円以上送料無料!プエラリアプラザ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。