妊娠中に起こるバストの変化は?

「妊娠するとバストって垂れるでしょ?」と
心配する女性は多いかもしれません。

しかし、もともとバストは
赤ちゃんのために授乳するための器官です。

妊娠・出産を迎えてこそ、
本来の役割を大いに発揮できるといえるでしょう。

また正しいケアさえおこなっていれば、
心配するほど大きな変化はないものです。

今では女性タレントたちも、きっちり赤ちゃんに授乳しています。
安心してミルクをあげましょう。


■妊娠中に起こるバストの変化は?

まず大きな変化としては、乳首の黒ずみがあります。

出産が近づくごとに色が濃くなっていきますが、
これには面白い理由があります。

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ目がハッキリ見えていないため、
大切な食べ物である母乳にありつくには、
乳首が目立っていなければいけないのです。

つまり赤ちゃんが見分けられるように、
あえて乳首は色濃くなっていきます。


これは授乳を終えた後、徐々に戻っていきますので心配はいりません。

どうしても戻りが悪いと感じる人は、授乳期間が終わった後に
ハイドロキノン入りのクリームを使ってみましょう。

そしてもう1つが、バストサイズが大きくなることです。

授乳に向け乳腺が大きく発達していき、
最終的には1〜2カップはアップします。

授乳中はさらに母乳で胸が張って、
自分でも驚くほどグラマーになることも。

もちろん一時的なものですので、授乳期間が終わったらもとに戻ります。

その際、最初は反動で以前より小さ目になることもよくあることです。
心配しすぎず、大胸筋をきたえながらのんびり過ごしましょう。


■美しいバストを保つためには?

妊娠・授乳によって心配なのが、バストの垂れ。

しかし胸の皮膚は伸縮性がありますし、
母乳をあげたからといって総崩れを起こすわけではありません。

まず大切なのは、下着をきちんとつけることです。

妊娠中・授乳中と、バストは段階を踏んで大きくなっていきますので、
その時々に合ったブラジャーでしっかり支えることが大切になります。

特に授乳中は、頻繁に胸を出さなくてはいけないため、
楽なブラばかりつけてしまいますが、授乳用のものでも
なるべくサポートしてくれるものを選びたいところです。

また母乳を作りすぎないことも、
皮膚を垂れさせないポイントという説があります。

最初は張って苦しいかもしれませんが、
赤ちゃんの飲むリズムに合わせましょう。

無理に絞ってしまうと、皮膚にかかる負担が増えてしまいます。

posted by ookikushitai at 22:39 | Comment(0) | 産後のバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産後のバストアップ

《 産後の努力で、より美しく》



妊娠2〜3ヵ月頃から、すでに始まっている乳房の変化。




この時期から、乳腺は発達しているのです。




出産後の母乳に備えて、乳腺が発達するとともにバストもどんどん膨らんできます。




出産直後ピークを迎えたバストは、その後徐々に乳腺脂肪が減少し、
バストにハリがなくなり下垂しやすくなるのです。




しかし産後5〜6ヵ月は脂肪組織が流動性を持ち、この時期にエクササイズをしたり、
下着でコントロールすることで脂肪組織の中の水分が汗や尿になり、バストアップにつながります。




また、バストアップした美しいバストラインをつくることができます。




出産によってバストの形が変わってしまうことに不安を持つ女性や、
産後、実際バストがしぼんでしまったり、垂れてしまったりして嘆いている女性は多いもの。




しかし、妊娠・出産の時期は身体の代謝や分泌がさかんになり、
美しい身体を作るチャンスでもあるのです。




少しの努力と気を使うことで、産前よりバストアップしたハリのある
美しいバストをつくりましょう。




《 産後の下着選び 》



産後のバストの変化に応じて、バストをしっかり守り、支え、
バストアップしてくれる下着を身に着けることが大切。




出産直後から2ヵ月くらいのデリケートなバストは、
安定感のある産褥用ブラジャーを身に着けます。




授乳もしやすい前開きタイプで、背中もフラットなものなら楽に眠ることができます。




産後1ヵ月頃からは、下垂しやすくなったバストをしっかり支え
リフトアップしてくれるブラジャーが必要です。




アンダーバストはぴったりフィットしたもので、
授乳時にカップを開けても乳房を支えた状態になっているものを。




また、アンダーバストからウエストまでのたるみをシェイプする
ロングタイプのものを選ぶとシェイプアップにつながります。




バストの変化に応じて調節できるもの、母乳のもれを防ぐもの、
といったブラジャーを選ぶこともポイントです。




《 マタニティブラの色々 》



バストサイズをチェックし、身体に合ったブラジャー選びもバストの垂れを防ぎ、
バストアップをするためには大切です。




カップは乳房をすっぽりと包み込み、押さえ過ぎないもの。




バストの重みを支えバストアップしてくれるもの。




アンダーバストの変化に合わせて調節できるものを、
前提にバストをサポートしてくれるブラジャーを選ぶことが重要です。




片手でカップが開閉できるブラジャー。




授乳のしやすいクロスオープン。




痛みや熱をやわらげてくれる保冷剤付きのもの。




伸縮性のある素材を使っているもの。




という具合に、産後のバストに必要な機能がついた、優しいブラジャーがたくさんあります。




産後の時期の身体に合わせてつくられた、質のいいブラジャーを着けることで、
快適にバストアップした美しい身体を目指しましょう。





posted by ookikushitai at 15:00 | Comment(0) | 産後のバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


banner2_33342.gif


10000円以上送料無料!プエラリアプラザ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。