豆乳の種類と飲むタイミング

バストアップに効果的な食材と言えば?

「キャベツ」と答える方が多いかもしれませんね。



キャベツも効果的なのですが、それよりもオススメなのが豆乳です。

でも、豆乳とバストって一見なんの関係もないような…。


今回は豆乳バストアップについてご紹介します。





・豆乳で果たしてバストアップはできるのか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結論だけ言えば、バストアップできるそうです!


色んなところで話題になるという事は、
やはりちゃんと効果があるからなんですね。

「豆乳の何がバストアップに効果があるの?」


豆乳には大豆イソフラボンがとても豊富に含まれています。


この大豆イソフラボンにはバストアップに
欠かせない女性ホルモンの働きを
活発化させる働きがあるんです!


この豆乳に含まれる大豆イソフラボンが
豆乳バストアップ法の秘密だったんですね。



・豆乳には種類がある!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

豆乳バストアップとは、普段の食事に豆乳を
取り入れて行うバストアップ法です。

しかし豆乳と一口に言っても、いくつか種類があります。


「無調整豆乳」と「調整豆乳」、「豆乳飲料」の3種類です。


それぞれどのように普段の食事に取り入れれば
いいのかみていきましょう。




・無調整豆乳

無調整豆乳は料理に使用すると良いですよ。


何故かというと、無調整豆乳は丸大豆と水だけで
作られているのでどの種類の豆乳よりも大豆の
旨みを味わうことができるからです。


バストアップもできて、料理もおいしくなる。

一石二鳥ですね!




・調整豆乳

「無調整豆乳はクセが強くて苦手」

という方は調整豆乳を料理に使ってみてください。

調整豆乳は無調整豆乳よりもクセが強くないので

「嫌だな」

「食べたくないな」

などの抵抗を感じることなく摂取することができるはずです。




・豆乳飲料

豆乳飲料はそのまま飲むこともできますが、
どうしてもクセが強くて飲めないという方もいるでしょう。


そういった方は豆乳飲料を使用して
豆乳プリンのようなデザートを作ると良いですよ。


これなら食後のデザートやおやつにおいしく
食べることができますよね。


このように摂り方やレシピを工夫して
毎日豆乳を摂るようにしましょう。


次に…

豆乳の飲むタイミングです。


効果があるとわかればさっそく試したいところですが…

ちょっと待ってください!

豆乳を飲むベストなタイミングがあるんです!



それは『食事の前』です。



朝、昼、夜。

食事の前に豆乳を飲むと大豆サポニンという成分が
腸にまわり食事の量がぐっと抑えられます。


これでバストアップもダイエットも
できて一石二鳥ですね。


食事前に豆乳を飲む。

これを続けるだけで、思い描いていた素敵な体型になれるはず…

ただ注意してほしいことがひとつ。



豆乳は寝る前には飲まないでください。



あまりイメージはないかもしれませんが、
豆乳はけっこうカロリーが高いのです。


魅力的な体型になるはずが体重が増えてしまった、
なんてことにならないように豆乳を飲む時間には気をつけてくださいネ


⇒ 前島式バストアップダイエット〜食事に気を付けることなくバストアップもダイエット

bastupdiet1.gif



posted by ookikushitai at 20:00 | Comment(0) | バストアップに効く食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストを大きくする食事?

バストを大きくするには、食べ物も大切なポイントです。


巷には、バストアップのサプリも多く出回っていますが、
できれば普段の食事からとり入れるほうが、
吸収も良く、体にも安全です。



■キャベツとエストロゲンの関係

一見、痩せるほうの効果がありそうなキャベツですが、
実はキャベツに含まれている「ボロン」という成分は、
エストロゲンのはたらきを活発することが分かっています。


エストロゲン(卵胞ホルモン)は、
女性らしい丸みのある体つきを作ってくれるホルモン。

お料理のつけ合わせなどに、キャベツをぜひとり入れてみましょう。



■ビタミンEで女性ホルモンを活性化!

アンチエイジング効果で人気の高い栄養素といえば、ビタミンE。

血行を良くし、女性ホルモンのはたらきも高めてくれることから、
バストアップにも最適とされています。


アーモンドやアボガド、モロヘイヤ、
かぼちゃなどに多く含まれています。


ビタミンEは酸化しやすいため、
なるべく新鮮なものを食べるようにしましょう。


アーモンドなどのナッツ類は、塩分不使用のものがおすすめです。

開封後は早めに食べきるようにしてください。



■良質なタンパク質でふくよかな胸を

ダイエットの目の敵にされがちなタンパク質ですが、
豊かなバストづくりには欠かせないものです。


特に、エストロゲンと似た作用をもつ「大豆イソフラボン」は効果大。

納豆や豆乳、豆腐、枝豆などから、
植物性タンパク質を多くとるようにしましょう。


同時に、お肉やお魚などの動物性タンパク質も、
適量であれば大切な栄養素です。


とりすぎは、バスト以外の脂肪も増やしてしまいますので要注意。
できれば鶏肉の、胸肉やささみを中心に食べましょう。



■ミネラルで筋肉をキープ!

カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛といったミネラルは、
豊かな胸を支える筋肉を維持してくれる、重要な栄養素です。


ミネラルは体内で作ることができないため、
食事から摂取するしかありません。


ワカメや牡蠣、ひじきなどを積極的にとりましょう。



こうしてみると、一般的に「美容にいい」といわれる食材と
ほぼ同じであることが分かりますよね。


バストを大きくする食事は、そのままキレイになれる食事でもあるのです。

⇒ 前島式バストアップダイエット〜食事に気を付けることなくバストアップもダイエット

bastupdiet1.gif


posted by ookikushitai at 20:00 | Comment(0) | バストアップに効く食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストを大きくする食事って?

バストを大きくするには、食べ物も大切なポイントです。


巷には、バストアップのサプリも多く出回っていますが、
できれば普段の食事からとり入れるほうが、吸収も良く、
体にも安全です。



■キャベツとエストロゲンの関係
一見、痩せるほうの効果がありそうなキャベツですが、
実はキャベツに含まれている「ボロン」という成分は、
エストロゲンのはたらきを活発することが分かっています。


エストロゲン(卵胞ホルモン)は、女性らしい丸みのある
体つきを作ってくれるホルモン。


お料理のつけ合わせなどに、キャベツをぜひとり入れてみましょう。



■ビタミンEで女性ホルモンを活性化!

アンチエイジング効果で人気の高い栄養素といえば、ビタミンE。


血行を良くし、女性ホルモンのはたらきも高めてくれることから、
バストアップにも最適とされています。


アーモンドやアボガド、モロヘイヤ、かぼちゃなどに多く含まれています。

ビタミンEは酸化しやすいため、
なるべく新鮮なものを食べるようにしましょう。


アーモンドなどのナッツ類は、塩分不使用のものがおすすめです。

開封後は早めに食べきるようにしてください。



■良質なタンパク質でふくよかな胸を

ダイエットの目の敵にされがちなタンパク質ですが、
豊かなバストづくりには欠かせないものです。


特に、エストロゲンと似た作用をもつ「大豆イソフラボン」は効果大。

納豆や豆乳、豆腐、枝豆などから、植物性タンパク質を多くとるようにしましょう。

同時に、お肉やお魚などの動物性タンパク質も、適量であれば大切な栄養素です。


とりすぎは、バスト以外の脂肪も増やしてしまいますので要注意。
できれば鶏肉の、胸肉やささみを中心に食べましょう。



■ミネラルで筋肉をキープ!

カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛といったミネラルは、
豊かな胸を支える筋肉を維持してくれる、重要な栄養素です。


ミネラルは体内で作ることができないため、
食事から摂取するしかありません。


ワカメや牡蠣、ひじきなどを積極的にとりましょう。



こうしてみると、一般的に「美容にいい」といわれる食材と
ほぼ同じであることが分かりますよね。


バストを大きくする食事は、そのままキレイになれる食事でもあるのです。

⇒ 前島式バストアップダイエット〜食事に気を付けることなくバストアップもダイエット

bastupdiet1.gif



posted by ookikushitai at 20:00 | Comment(0) | バストアップに効く食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


banner2_33342.gif


10000円以上送料無料!プエラリアプラザ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。